風の巫女®の活動方針

「風の巫女®」 の会は、風の時代の新しいカタチの巫女の会。
高い波動の領域とリンクし、万象や宇宙と繋がる巫(かんなぎ)として、軽やかに、舞うように生きることをコミットしています。

真に自立した霊性の存在として生きる── 。

其の一:霊的自立。自分自神の尊重。

「風の巫女®」は「神様や精霊の声を聞いて、それに従う」存在ではありません。外側の存在に依存・従属するのではなく、自分自身の内側にある神と繋がり、自分自身(自分自神)を何より尊重します。
古くからの巫女は、神々や為政者・権力者に従ってきたところが多かったことでしょう。わたしたち 「風の巫女®」は、自分軸を持ち、自立した存在です。どんな存在にもどんな人間にも、服従したり依存したりするのではなく、霊的に自立しているのです。

従うとしたら、宇宙の真理、そして自分自神、のみです。

自らのセンターに繋がりましょう。
神々や精霊たちの高次存在とは、わたしたち肉体を持って活動している人間をサポーターしてくれる存在として大切にしましょう。
高次存在は、わたしたち人間の進化・成長を、望んでいます。頼ったり依存したり、従ってくれることを望んでいるわけではありません。(もし、従うことを伝えてくる存在がいたとしたら、それは本当の高次存在ではなく、まやかしです。)
外部存在に依存したり崇拝するのではなく、霊的に自立した崇高な存在である自分を大切にしましょう。

今だからこそ、リアルな繋がりを大切に──。 

其の二:オフラインで活動。リアルな体験を存分に愉しむ!

仕事も遊びも家族や友人とのやりとり、ネットを通じての交流が主体になっている時代。しかし、「風の巫女®」の舞台・活動は、実際のリアルな場で開催することが基本。「風の巫女®」の活動は、オフライン活動が主体。インターネットなどを通じたバーチャルな世界の交流主体ではなく、実際に「会う」「集う」「その場所に行く」「体験する」「触れ合う」といった、リアルな体験・体感を大切にします。
従って、オンラインイベントやオンライン配信は基本的に行いません。
「時代に逆行しているのでは?」と思われるかもしれませんが、バーチャルな世界ではなく、実際に人に会ったり現場に行くことでやり取りできる情報のほうが、ずっとずっと多く、貴重な体験ができるからです。

バーチャルな技術は、便利で役にたちます。それを否定するわけではありません。でも、生き方・生活・仕事、全てがバーチャルになっていくと、「体感・体験できる歓び」「いろんな存在との触れ合える歓び」は感じにくく、万象の中で生きている自分や自然の美しさなどを感じ取る生来の感覚が鈍ります。脳内でバーチャルで体験して、それだけで満足していては、真の目覚めや霊性進化には遠くなるでしょう。
わたしたちが肉体を持っている意味を考えてみることです。

三角形の組織から円形の多次元的グループへ──。 

其の三:三角形の組織ではなく、円形(和・輪・環)の自由なカタチ。

「風の巫女®」の会は、組織・グループにありがちな、トップダウン型(一番上にリーダーがいてその次にサブリーダーがいて一番下に一般会員というような上下関係ありき)の三角形の組織ではありません。誰が上で誰が下もなく、円形(和・輪・環)の関係性を大切にしています。
リーダーに従って動く三角形の組織は、旧時代のもので、すでに時代遅れ。
風の時代は、各自が自分で立ち(霊的自立)、自分自身にセンタリングして自由にフラクタルに交流・行動し、共振しながら、その動きの中で新しいものを創り出していく時代です!
ありのままの自分のままで、自由に動く。基軸は「自分」です。
円形(和・輪・環)にセンターがあるとすれば、それは、宇宙の根源(創造神)。みんなそこから来てここにいて、そして、みんな繋がっているのです。
当然、活動や参加は自由。そして、あなたがやりたいことも自由に提案してください。決まったことをやり続ける固定化された組織ではありません。ご自身のアイデアもどんどん提案していただいて、新しい形に変化・進化してまいりましょう。
宇宙はどんどん進化・成長し、拡大しています。わたしたちも変わり続けていくことが、宇宙とリンクすることでもあるのです。

風の巫女®の会

風の巫女®の会では、新しく本質的な巫女性を発露させるための様々なイベントや講座、リトリートを企画・開催しています。風の巫女®の会に入会していただくと、イベントの割引や会員向けの企画への参加など、様々な特典をご用意。会員にはイベントやプロジェクトに関する日程のお知らせ以外にも、講師やゲストからの情報やご神事に関わるお知らせも提供させていただきます。 (活動拠点:奈良県桜井市)

当グループは、特定の宗教団体・各種霊感商法・思想団体とは関係ございません。
また、当方の講座は、神社にお勤めされる巫女を養成するものではございません

◎お問い合わせ・ご質問のある方は、お問い合わせフォームから送信をお願いします。