丹穂の舞│風の巫女®の会

丹穂(にほ)の舞は、古代稲の稲穂を手に持ち、空の世界に入って舞う、風の巫女®の会オリジナルの舞です。
古くからご神事にも使われてきた古代稲のハタラキを感じながら、自然の中や聖地で舞っています。

丹穂の舞とは

 丹穂(にほ)とは、古代の丹(に。あかいろ)色の稲穂。 

「風の巫女®の会」では、神秘的な古代稲の穂飾り(丹穂)を手に持って、自然の中や神社などの聖地で舞をしています。

古代稲には特別で大切なハタラキがあります(ワークショップで詳しくお伝えします)。
古代稲の神秘的なお話を聞き、古代稲と会話・共振しながら動いていきます。

「風の巫女®の会」では、「丹穂の舞」のワークショップを定期的に行っています。 

初参加の方は 「風の巫女の会®」 にまだご入会されていなくてもご参加いただけます。 

舞を全くしたことのない方でも、丹穂の稲穂を手に持つと、あっという間に舞えるようになります!
自然の中や神仏の前で舞をしたい方は、舞初心者の方も、どうぞお氣軽にご参加ください。 

 ◎講師(吉川あさ江さん)からのメッセージ

「動きこそいのち」───敬愛するオイリュトミスト、ヘルガ・マイケルズの言葉です。
「動き」は私たちの生命の現れそのもので、そこには大きな可能性が秘められていますが、軸が整っていなければ、ブレた独楽がやがて止まってしまうように、「動き」も生命力を失って行きます。軸には肉体的な軸と精神的な軸がありますが、双方を整えてこそ、初めて自分と繋がり、自分の外にある自然と繋がり、自分の内なる自然の存在を実感できるのです。
この講習では、動いてみることで、自分の魂に何が起こっているのかを発見するお手伝いをしたいと考えています。この積み重ねが精神的な軸を整えてゆきます。
そして、自然を形作る元となっている地水火風4つの元素(四大)の象徴としての古代稲の助けを借りて動くことにより、内なる自然と外なる自然の融合体験をしていただきます。
「丹穂の舞」は、自分が何者であるかに気づき、周りの自然や宇宙と響き合いながら、魂や精神の奥底からの動きを楽しむ舞、my soul dance を目指します。 

丹穂の舞ワークショップ(毎月開催) 

「風の巫女®の会」オリジナルの舞のワークショップです。
舞の基本的な姿勢や足の運び方、回転の仕方から、呼吸の合わせ方、舞をする者の在り方、意識の持ち方、所作、氣の扱い方など、毎回集まった方のエネルギーを感じながら進行します。自身の「骨」を意識しながら、稲穂と同調してからだを運んでいく舞です。

決まった形を覚えてやる舞ではありません。舞を全く初めてするという方でも問題ありません。お氣軽にご参加ください。 

ご自分の好きなように舞いたい方、舞の型・振り付けがなかなか覚えられない!という方でも大丈夫です。

ワークショップは、真夏日や冬を除き、基本的には屋外、自然の中で行っています。
今後、いろいろな神社や聖地で奉納舞をさせていただく予定です。ともに舞っていきましょう。 
 

----

<2024年1~2月のワークショップ日程> 

丹穂(にほ)の舞 

歩き方、呼吸の合わせ方、舞をする者の在り方、意識の持ち方、所作、氣の扱い方など、みんなで今年度の古代稲とエネルギーを通わせましょう! 丹穂の舞の新しいステージが来ているようで、新しい試みのワークもいろいろしていただけるそうです。
より軽く、より新しく、新しい地球にリンクした丹穂の舞をともに愉しみましょう!

◎日時

2024年1月、2月は、自力整体のワークショップと一緒に開催します。
詳細はこちらをご覧ください。


◎場所

コミュニティホール桜井
https://goo.gl/maps/s3cACo8z3YTDLURY9
桜井駅から徒歩3分。駐車場あり。

※どなたでも参加いただけます。初参加の方、舞が初めての方も大歓迎!

稲穂舞 風の巫女の会 奈良

風の巫女®の会

風の巫女®の会では、本質的で新しい開かれた巫女性を発露させるための様々なイベントや講座、リトリートを企画・開催しています。会員には、イベントの割引や会員向け企画への参加など、様々な特典をご用意。イベントやプロジェクトに関する日程のお知らせ以外にも、講師やゲストからの情報やご神事に関わるお知らせも提供させていただきます。 (活動拠点:奈良県桜井市)